上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よくある質問第2弾は【紙】についてです。

「紙の種類」コート紙や上質紙って何ですか?
紙の種類は沢山ありますが、印刷に使われる紙は、
主に「コート紙」「マットコート紙」「上質紙」の3種類です。

コート紙とは、
原紙の表面をコーティングした、ツルツルの紙です。
発色がよく、きれいに仕上がります。
多くの印刷物はこのコート紙を使っています。

マットコート紙とは、
表面処理によって光沢を抑えたコート紙です。
アート作品や、絵ハガキ、などにおすすめです。

上質紙とは、
化学バルブ100%でつくられていて、コピー用紙のような紙です。


また、「~kg」の表示は『連量(れんりょう)』といいます。
各用紙サイズの全判1000枚(1連と呼びます)当たりの重さを表示します。
サイズによって、重量も変わってきます。

何の為に、どのように使うかでも、紙の種類は重要です。
お気軽に相談してください。


●ホームページはこちら
http://www.graphic-p.com/
スポンサーサイト
今回は、【色】についての質問です。

特色とは
CMYK以外の色のことで、特別にインクを混ぜて作る色です。
CMYKでは表現できない金・銀や蛍光色などが特色になります。

CMYKとは
シアン(藍色)・マゼンタ(深紅色)・イエロー・ブラックの
4色のことをいいます。
フルカラーといわれるものは、この4色を使って印刷しています。

※入稿データが特色であった場合はこちらでCMYKに
変換させていただく場合がございます。

お気軽にご相談ください。

●ホームページはこちら
http://www.graphic-p.com/

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。